美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位

脂肪吸引後の圧迫は必要?矯正下着の写真とその期間とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂肪吸引の手術を行った後は必ず圧迫が必要になります。ネットで調べたり、クリニックのカウンセリングで言われたりして気になっている方もいるでしょう。

脂肪吸引後の圧迫とはどのようなもので、どれ位の期間行うのか?どのようなものをしようするのか?気になると思います。

この記事では、脂肪吸引後の圧迫が必要な理由、写真や圧迫が必要な期間を解説します。この記事を読めば、脂肪吸引後の圧迫の期間はどのような感じになるのか、選ぶべき洋服などもイメージしやすくなると思います。

脂肪吸引後に圧迫が必要な理由

脂肪吸引の手術が終わった後に圧迫を行わないクリニックはないでしょう。脂肪吸引と圧迫は切っても切れない関係にあります。まず圧迫が必要な理由を解説します。

手術の効果を高める

脂肪吸引の後は脂肪がなくなった部分にスペースが出来ます。脂肪がなくなったのだから、そのままその分が細くなると考えてはいけません。スペースが出来たところには線維組織と言って傷を治すような組織が出来てきます。これがたくさんできてしまっては脂肪吸引の効果も少なくなってしまうのです

ですので、こようなスペースをなくし体の中にできた空洞を圧迫する事によって、しっかりくっ付けて治す事が脂肪吸引の効果を高める事になります。

手術直後の出血を止めて腫れを抑える

手術後に明らかな出血がなくても、体の中では少量ずつじわじわと出血しています。出血が続くと色々悪い事があるのですが、例えば内出血や腫れが大きくなりダウンタイムが長くなります。出血を抑えるためには、手術直後より出来るだけ早く圧迫してこの出血を止めてあげる事が重要です。

つまり、ダウンタイムをなるべく短くするためにも、圧迫は重要となるのです。

それぞれの部位の圧迫用品と特徴

圧迫用の物品はそれぞれ部位で異なりますので、それぞれの部位でご紹介します。また、クリニックによっても扱う製品でメーカー等が異なります。

太ももの脂肪吸引後の圧迫

下の写真のような圧迫を使用します。手術直後の圧迫は1-2日間は外す事が出来ないので、股に穴の開いたタイプのものを使用しトイレに行くようにします。圧迫した上から下着を着用します。

手術後の圧迫はこのように股に穴の開いたガードルのみで行うところもありますし、始めだけ穴の開いたものを使用し、その後はタイツタイプの圧迫用下着で圧迫を行うクリニックもあります。

太ももの圧迫に使用するものは、歩いていると下にずれてきて、内ももの付け根がうまく圧迫できない場合もあります。下にずれてきたと感じた場合は手間ですが、直してあげた方が良いでしょう。

“より自然な圧迫下着もある”

一般的に手術直後から使用するガードルは、陰部に穴の開いており圧迫下着は見た目があまりよくありませんし、日常生活で着用しにくいこともあります。仕事の都合上、足を出さなければいけない時などはもう少し自然に見えるものもあります。
クリニックによっては日常生活で使いやすい、タイツタイプの圧迫下着を用意してくれている場合もあります。

当院では、ガードルと併せて下の写真のようなタイツタイプのものも使用していただいております。使い分けとしては、基本的には以下のように指導させていただいております。

手術直後~2日目:上の写真のような股に穴の開いたガードルを使用
2日目以降~7日目:ガードルとタイツの2枚履きを推奨
7日目以降~1か月目:2枚履きを推奨、日中にガードルを履けない時は寝る時だけでも2枚履き
1か月目以降:タイツのみの使用

タイツタイプの圧迫下着は、下の写真を見て頂くと分かるように、見た目は普通の厚手のタイツと変わらないため、日常的に使いやすいです。

出典:AMAZON

二の腕の脂肪吸引後の圧迫

二の腕の脂肪吸引後は下の写真のような圧迫を使用します。二の腕~脇・背中を圧迫できるタイプです。二の腕だけのタイプもあるようですが、背中まで入ったタイプのものをお勧めします。

腕の脂肪吸引は肘より上の部分を行いますが、脂肪吸引範囲よりも広く圧迫するので肘下まで(7~8分袖)のものになります。また胸が空いているタイプがほとんどですが、手術直後は圧迫の上からブラジャーをしますが、その後ブラジャーは中でも外でも問題ありません。背中まで脂肪吸引した方だと、ブラジャーの食い込みが痛いのでしばらく圧迫の上からブラを着用している人もいます。

お腹の脂肪吸引後の圧迫

お腹の脂肪吸引後は下の写真のようなウエストニッパーと言うものを使用します。ほとんどのものが、前側にホックのついているものです。

当院では手術直後のみ、ホック付きのウエストニッパーではなく、バンドのような柔らかめのもので強く圧迫しています。

お腹の脂肪吸引後、一番重要な事は姿勢を正す事だと考えています。姿勢を悪くするとお腹にしわが寄ります、この状態をキープするよりもしっかり背筋を伸ばしてお腹を平坦にしながら圧迫を継続してください。

顔の脂肪吸引後の圧迫

当院では下のような圧迫を使用しております。市販の小顔バンドなどもあるのですが、脂肪吸引用のものを使用する事をお勧めしています。それは以下のような理由です。

  • 簡易的なものだとほほ~あご下まで幅広く圧迫できない
  • 簡易的なものはバンドを留める場所が1か所で外れやすい

顔の圧迫をした状態だと外を歩いて帰りにくいので、つばの長い帽子やサングラス、マスク、冬であればストールやマフラーがあると隠しやすくなります。

“顔の脂肪吸引でも圧迫は必要なのか?”

顔は見える場所で隠せないので、身体と同じように常に圧迫しなくてはいけないのか?とお思いの方もいるでしょう。

脂肪吸引後はどの部位でも、出来るだけ早く圧迫して、出血と腫れを抑えた方がいいと考えます。
手術当日の帰宅時にフェイスバンドが気になるのと言う理由で、「帰宅後に圧迫をして下さい」というクリニックもあるようですが、圧迫は手術直後から行う事を強くお勧めします。

また、クリニックによっては「始めの数日間のみ圧迫をすればいい」というクリニックがあるようなのですが、顔も他の体の部位と何か特別に違うと言う事はありません。圧迫はなるべく1~3ヶ月続けた方が良いでしょうし、圧迫を続けても不都合な事は何も起こりません。

さすがに1か月の間、日中も行うのは難しいので、当院では手術後24-48時間はずっと使用してもらい、その後3ヶ月間は家にいる時や就寝中にフェイスバンドをして頂くように説明しています。

圧迫の効果的な行い方

脂肪吸引後の圧迫やマッサージなどの手術後のケアは、クリニックによって異なりますが、基本的には脂肪吸引を受けたクリニックの指示には必ず従うようにして下さい。

圧迫は1~3か月行う

脂肪吸引後の圧迫期間はクリニックによって指導している内容が異なります。圧迫が必要ないと言うクリニックは聞いたことありませんが、1ヶ月と指導する場合と3カ月程度と指導する場合が多いようです。

当院では手術後3ヶ月を目安に圧迫を継続してもらっています。圧迫はめんどくさいなと思っていても、特に太ももなどは、手術後にむくみの軽減などの目的でそのまま圧迫下着を続ける人もいらっしゃいます。始めはおっくうでも徐々に慣れてきますので頑張ってください。

圧迫は24時間行う

1日の中でも24時間を指導する場合もあれば、半日で良いと指導するクリニックもあります。手術からの経過時期にもよって異なります。

当院の場合ですが、期間は3か月間を推奨しており、1日の中での時間もできる限り24時間をお勧めしています。特に手術後早期や1カ月以内では、できる限り圧迫をしていないフリーの時間を少なくしてもらっています。
理由としては、圧迫を長く続けても悪くなる事やリスクがないからです。また、手術後のむくみやすい状態と言うのは1ヶ月ではまだ落ち着かないので、3ヶ月を目安にしています。

圧迫の強さは痛すぎずピタッとした状態

圧迫の強さでご質問を頂く事も多いのですが、基本的には手術を行うクリニックで合うものを見てくれます。サイズ的にはいつも自分が着ている洋服のサイズの1~2サイズ下を選びます。例えば、普段のお洋服がMサイズの方の場合、圧迫下着はSサイズかSSサイズを選ぶことになります。

また感覚的には市販のむくみ予防のストッキングなどよりもより強い圧を選びますが、痛みやしびれが出るほどのものは好ましくありません。逆に圧迫している事でサポートになって痛みが楽になる程度のものが好ましいです。

圧迫が緩くなったら重ね着でも対応可

脂肪吸引から時間が経ってくると、細さが出て来て圧迫が緩くなってくることがあります。圧迫下着をワンサイズ下のものに買い替えてもいいのですが、その時はピタッとしたTシャツを下に着たり、タイツであれば市販のむくみ予防タイツを上から履くようにすれば圧迫を強化できます。

ネットで購入できる脂肪吸引用の圧迫下着

脂肪吸引後の圧迫物品は、手術を行ったクリニックで購入する事になります。サイズも実際に見てもらえるので、基本的には手術を行ったクリニックで見てもらいましょう。

何らかの理由でご自分で購入したいと言う場合は、以下のようなものがあります。(手術後の使用を考えている場合は必ずクリニックに相談しましょう!)

市販の圧迫下着などでも代用できる場合はあるでしょうが、「脂肪吸引用」と明記されているものの方が圧や形が脂肪吸引後を考えて作られておりお勧めです。

サラマシェリ

サラマシェリはいい製品を作っていますのでお勧めです。しかし、他の脂肪吸引用の圧迫下着より値段が高くなります。

サラマシェリHPより

エターナル

サラマシェリよりも安価な商品を扱っています。モノとしてはサラマシェリの方が良いと感じますが、色々なタイプ(形)の圧迫下着があり用途に応じて選びやすくなっています。

エターナルHPより

まとめ

脂肪吸引の手術後は、圧迫がとても重要です。ダウンタイムをなるべく短く抑えるためにも、効果をしっかり出すためにも、正しい医圧迫の知識を持ちましょう。基本的には圧迫下着は、施術したクリニックで用意があるはずですし、着用方法についても指導されると思います。もし、圧迫に関してご不安があったり、ご自分で圧迫下着を購入する場合はこのページを参考になさって下さい。

新規の記事や記事の更新をtwitterでお知らせしています。
ご興味ございましたら、ぜひキレイの教科書公式twitterからフォローしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂肪吸引の無料相談実施中

当医院の脂肪吸引には、3つの特徴があります。

・院長は大手美容外科で指導医をつとめ、脂肪吸引症例800件以上
・顔の脂肪吸引は腫れないように工夫
・太ももや二の腕は、デザイン力できれいなラインを

もしあなたが、安心して脂肪吸引を受けたいとお考えなら、ぜひ一度、無料相談にお申し込みください。
ご要望をヒアリングさせていただいて、必ず的確なアドバイスをいたします。
※ホームページから無料メール相談も受け付けております。

無料相談・お問い合わせ

美容外科の選び方 : 最高のクリニックに出会うための8つのポイント

医師が教えるキレイの教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

14 − 10 =

【無料】カウンセリング実施中!
▼無料メール相談で不安や疑問を解消!▼
無料メール相談で不安や疑問を解消!