美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位

医師が解説:使う前に知っておきたいゼニカルの副作用の全て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゼニカル 副作用

ゼニカルは食事からとった脂肪分の吸収を抑えて、体外に排出するお薬です。

脂っこい食事と一緒に内服すると効果があります。

しかし、お薬ですので副作用を心配される方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ゼニカルの副作用について詳しく解説いたします。

また、使用するときに気を付けることもお伝えします。

薬の効果や副作用をきちんと知ったうえで、ダイエットとゼニカルを上手に組み合わせて使うと、効果が発揮されるでしょう。

ゼニカルとは腸の中で脂分を分解する酵素と結びつき、脂肪の吸収を抑えてくれます。摂取した脂肪分の30%をカットできると言われています。

ゼニカル 副作用

このような作用により抗肥満薬として用いられて、海外ではBMI30以上の方を肥満症の治療薬として使用されるお薬です。日本では保険適応になっておりませんので、自由診療で医師の判断のもと処方されています。*BMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)

1回1錠を毎食事中に3回服用します。1日3錠以上飲んでもより脂肪の吸収を抑えてくれるわけではありません。また、脂っこい食事で気になる時だけ飲んでいる方もいらっしゃいます。

2.ゼニカルの主な副作用は下痢とビタミン不足

ゼニカルは1998年にFDA(アメリカの厚生省のようなもの)に認可されており、広く用いられている薬です。しかし、副作用もありますのでしっかり理解し服用を決めましょう。

主な副作用は下痢にまつわるものです。ビタミンの摂取に気を付ける必要がありますが、その他の副作用は稀です。

2-1.下痢になりやすい

下痢にまつわる副作用は具体的には以下のようなものがあります。

  • 下痢
  • 脂分の排出
  • おならの増加
  • おならとともに便が排出される
  • 急な便意
  • 便失禁

これらの副作用は飲み始めて3か月以内に起こります。短くて1週間、長いと4週間で軽減してきますが、中には数か月にわたって続く場合もあります。

とにかく下痢になりますので症状が落ち着くまではナプキンなどを使用してください。

2-2.ビタミン・βカロテン不足になりやすい

ビタミンA,D,E,Kやβカロテンは脂肪とともに体から吸収されますのでゼニカルの服用を続けているとこれらが不足する場合があります。

ですので、毎日ゼニカルを飲むのであれば、市販のサプリメントで結構ですので摂取するようにしてください。たまに服用するだけの場合は必要ないと思います。
ゼニカルを服用する前後2時間は避けて頂き、例えば寝る前などにサプリを取るようにしてください。

3.まれに起こるゼニカルの副作用

3-1.肝臓の障害が起こる事がある

稀に肝臓の障害を起こすことがあります。2014年までで14例の重大な肝臓の副作用が報告されているそうです。なかには肝臓の移植手術が必要になったとの報告もあります。

  • 食欲不振
  • 体のだるさ
  • 皮膚のかゆみ
  • 皮膚が黄色っぽい、白目が黄色くなる

3-2.腎臓の障害が起こる事がある

こちらも稀ですが、リスクはあります。

  • 手足のむくみ
  • 尿の減少
  • 血尿
  • 背中の痛み

3-3.胆石症(たんせきしょう)になることがある

そもそも減量中には胆石症の可能性が上がります。しかし、ゼニカル内服+食事・運動療法を行った方が胆石症の発生率が2.9%、食事・運動療法のみの場合は1.8%となっており、ゼニカルによってわずかに胆石症になる可能性が高くなる。

以下のような症状がある場合は担当医に相談してください。

  • 腹痛(右側の上が痛む)
  • 吐き気
  • 嘔吐(吐いてしまう)

3-4.その他の副作用

  • アレルギー
  • 膵(すい)炎(ゼニカルとの明らかな関係性は不明)
  • 便に血が混じる(ほとんどが軽度のもの)

があります。いずれも担当医に相談してください。

*以上のような症状がみられた場合は、必ず一旦お薬を中止して、担当のクリニックを受診してください。

3章にあるような副作用が起こる事は非常にまれですが、誰に起こるかは分りません。特にダイエット中は自分の健康にしっかり注意して過ごしてください。

非常に稀ですが重大な副作用も報告されています、しかしそもそも頻度が非常に少ないのでそれほど気にするお薬でもないと考えます。処方してくれた医師としっかり相談しながら治療を継続するのが良いでしょう。

4.ゼニカルを飲んではいけない人、注意すべき人

海外ではBMI30以上の人を対象に治療薬として処方されています。日本では自由診療で医師の判断で処方されているのが現状です。自由診療であっても以下のような方はゼニカルを服用することで問題が起こる可能性があるので処方できません。

  • 妊婦
  • 授乳中の方
  • 消化吸収に関する病気の方
  • 胆石症の方
  • 肝臓や腎臓などの病気の方
  • ゼニカルにアレルギーのある方

また、ゼニカルとの飲み合わせに注意が必要なお薬があります。以下のお薬を内服中の方は必ず医師に申し出てください。

  • シクロスポリン
  • チラージン
  • ワーファリン
  • 抗てんかん薬

5.ゼニカルとの関係は不明だが、ダイエット中に起こりうる反応

ゼニカルを服用中に優位に増えるわけではありませんが、ダイエット中に起こりうる体の不調を列記します。

通常のダイエット中にも起こる反応です、特に急激な体重減少がある場合に起こりやすくなります。急に栄養不足を来すようなダイエットは慎みましょう。

  • 頭痛
  • めまい
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 歯、歯肉の異常
  • 背中の痛み
  • だるさ
  • 生理不順
  • 不安感

6.まとめ

ゼニカルの副作用について書いてきましたが、大きな副作用も報告されているのは事実です。絶対安心な方法を希望される方は飲まない方が良いでしょう。しかし、副作用の頻度からして決して飲まない方が良い薬ではないと考えます。日本人や肥満度がそれ程でもない方に対するデータが不十分ですので今後検証が進んでいけばよいと思います。

ゼニカルはネットでも手に入りますが、医薬品として販売されているものです。副作用も少ないですがあります。ネットで個人が海外から輸入したものなどは偽物もあったり、何が入っているかも分りません。また、何か起きた時には病院でも対応できない場合もあり得ます。必ずクリニックで医師の指示のもと服用するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容医療の無料相談受付中

当院では大手美容外科で指導も務めてきた院長が的確なアドバイスを行っております。

以下のような方は、是非一度ご相談ください。

・クリニックによって書いてある内容が違って、何が正しいのかが分らない
・クリニックによって値段が様々で、どうやって選べばいいのか分らない
・種類があり過ぎて、どういう特徴があるのか分らない
・美容医療のカウンセリングがしたい

もしあなたが、安心して美容医療の相談を受けたいとお考えなら、ぜひ一度、無料相談にお申し込みください。
カウンセリングにてご要望をお伺いし、必ず的確なアドバイスをいたします。
*ホームページから無料メール相談も受け付けております。

無料相談・お問い合せ

美容外科の選び方 : 最高のクリニックに出会うための8つのポイント

医師が教えるキレイの教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

4 × 5 =

▼無料メール相談で不安や疑問を解消!▼
無料メール相談で不安や疑問を解消!