美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位

でべその手術を受ける前に読んでおこう【保険・治療・相場】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
でべそ 手術

でべそがコンプレックスで、悩んでいるという方は意外と多いのではないでしょうか。

実は、大人のでべその治療法は手術しかありません。

しかし、手術となると痛みや傷跡はどうなのか、本当にキレイなおへそになるのか、心配になってしまいますよね。

今回は、でべその手術の痛みや傷跡などの経過や費用について詳しく解説していきます。

さらに、実際の手術前後の症例写真で、手術の効果もお見せします。

また、お子さんのでべそを気にされている方のために、子供のでべその治療についてもご紹介します。

手術に対する疑問や不安を解消して、キレイなおへそを手に入れましょう。

でべその手術は、傷を臍の中だけでおさめる「臍内法」で行われることが多いです。小児の大きなでべその場合や臍の横幅を縮めたい場合は、傷が臍の外側まで出る「臍外法」があります。小児の場合は施設によっても違ってきますが、大人の場合はほとんどが「臍内法」です。

「臍内法」

臍輪自体が小さくて形を変える必要がない場合に用いられる

傷が臍の中だけに収まるため目立たない

手術は臍の中の傷のみで終了し、1時間程度で終了します。局所麻酔や軽い静脈麻酔(ボーっとする麻酔)で行われる場合が多いです。

手術後は臍の部分の圧迫をしますが、期間や方法は施設によって様々です。日帰り手術で可能で、術後の痛みもそれ程ありません。軽い筋肉痛程度です。

糸で縫っている場合、手術後は1週間目に抜糸に行く必要があります。

でべそ 手術

「臍外法」

小児では傷が目立ちにくくなるので適応する場合がある。

臍輪の大きなでべそでも小さく出来る

傷が臍の外に出てしまうため、傷の目立ちやすい大人には向かない

でべそ手術の効果として、手術前・後の写真を参考にしてください。

でべそ 写真

臍の中に膨らみがあるパターン(臍内法で手術)

でべそ 手術

臍の周りから中へ皮膚が余っているパターン(臍内法で手術)

でべそ 妊娠妊娠・出産後のでべそのパターン(臍内法で手術)

2.手術のリスク

大きなリスクはほとんどありません。

  • 手術後の痛みは強めの筋肉痛の様な痛みが1週間ほどです。
  • 傷はほとんど気にならなくなると思います。
    完全に消える訳ではないですが、臍の中なので目立ちません。
  • 大人の場合、臍の皮膚が一時的に半年ほど茶色く(色素沈着)なる事があります。
  • 形を自由に整えれません。
  • 感染・再発することが稀にあります。

 3.手術の費用の相場

でべそには「臍ヘルニア」と言って、お腹の中に通じる穴が空いているタイプと「臍突出症」と言って、穴は閉じているが臍のみ膨らんでいるタイプがあります。

詳しく知りたい方は「現役医師が「でべそ」になる原因と仕組みを分りやすく解説」をお読みください。

臍ヘルニアの場合、健康保険の適応になり手術可能ですが、臍突出症では健康保険は適応になりません。

臍ヘルニアを健康保険で手術を行う場合は4-5万円です。入院か日帰りかにもよって違います。乳幼児、小児の場合は自治体から補助が出る場合が多いので各自自体に問い合わせてみて下さい。

臍突出症を自由診療で行う場合は費用に関しては様々です。安い所では10数万円、高い所では30万円ほどになります。

*臍ヘルニアで健康保険の対象になる理由

臍ヘルニアの場合、空いている穴に腸がはまり込んでしまうことがあります。嵌頓(かんとん)と呼びます。一時的で、元に戻ればいいのですが、戻らない場合は腸の血流が阻害されて痛みを生じます。このまま放っておくと腸に穴が空いて大変なことになります。

ですので、病気として健康保険の対象になりますが、臍ヘルニアで嵌頓を起こす場合は極めて稀ですので、ほとんどの方は嵌頓(かんとん)を起こさずに一生を終えます。

4.赤ちゃんのでべその治療

2歳くらいまでの赤ちゃんの場合は何もせずに様子を見るか「圧迫療法」をするかです。

そもそも、赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)は1-2歳までに自然に治癒する可能性が90%程度あります。放置しておいてもいいのですが、圧迫療法で早くきれいに治るなどの報告があります。逆に結果にはあまり影響しないとか固定のテープで皮膚の炎症が起こるなど否定的な意見もあります。いずれにせよ、始めるのであれば早ければ早いほど良いようです。

1-2歳で治らないようであれば、手術を考えます。手術方法は上記の通りですが、施設やドクターによって方法が異なります。
小児外科や形成外科でも小児を扱っている施設で手術しましょう。

5.まとめ

でべその治療は基本的に手術による治療になります。2歳を過ぎて自然に治ることはまずありません。手術を希望する場合は外科や形成外科、美容クリニックで相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

でべそ治療の無料相談受付中

当院のでべそ手術には3つの特徴があります。

・院長はでべそ手術300件以上と経験豊富
・相場よりも低料金で手術可能
・症例写真もHPのブログで公開中

もしあなたが、安心してでべそ手術を受けたいとお考えなら、ぜひ一度、無料相談にお申し込みください。
カウンセリングにてご要望をお伺いし、必ず的確なアドバイスをいたします。

*ホームページから無料メール相談も受け付けております。

無料相談・お問い合わせはこちら

美容外科の選び方 : 最高のクリニックに出会うための8つのポイント

医師が教えるキレイの教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

  1. A.N より:

    高校2年女子高生です。
    小さい時は気にしてなかったのですが、
    中学校の修学旅行などわ
    お風呂が1番嫌で
    すごく気になりました。
    高校生になると夏でわ
    ビキニを着たりしたいのですが
    お腹を見せるのが恥ずかしくて
    ビキニなんて着られません。
    でべそをなくしたいけど
    高校で大きなお金はあまり出せなし
    家族と相談しても全く話も聞いてくれない状態で、ほんとに、辛いです。

    1. 高野 洋一 より:

      もしも臍ヘルニアだった場合、保険で治療できることもありますので、一度ご両親と病院に受診してみるのはいかがでしょうか?外科か形成外科になります。

コメントを残す

*

18 − 7 =

▼無料メール相談で不安や疑問を解消!▼
無料メール相談で不安や疑問を解消!