美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位

二重まぶた切開法を受ける前に知っておきたい知識のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二重 切開

取れない二重の手術を希望する方にオススメなのが「切開法」です。

埋没法で二重になれたけど、時間がたって取れてしまったり、糸が緩んで二重の幅が狭くなってしまったという方は多いのではないでしょうか。

現在日本で行われている二重の手術で一番多い埋没法は、短い手術時間で行えて、腫れや痛みも少ないですが、幅広な二重には不向きで、いずれ糸が緩んで取れてしまう、というデメリットがあります。

しかし切開となると、抵抗があったり、怖いイメージをお持ちの方が多いと思います。

この記事では、切開法の腫れや内出血や傷跡などの経過を、実際に手術をした方の体験談も含めてご説明していきます。

切開法はまぶたにメスで切開を入れる事によって二重まぶたを作る手術です。糸で二重まぶたを作る埋没法に比べ二重が取れにくく幅広い状況に対応できます。
二重 切開
切開法と言えばほとんどの場合、全切開法を指しますが、部分切開と言う方法もあります。

全切開法は二重の幅(約3㎝)の大きさで切開する手術で、部分切開は1㎝程の傷で二重を作る手術です。

二重 切開

また、「埋没法」「部分切開」では出来ないことが結構あるのに対して、全切開法ではできる事が増え、対応できるケースも多岐にわたります。

全切開法では二重まぶたを作るだけでなく、以下の事も可能になります。

  • 皮膚のたるみを取る事ができる
  • 腫れぼったさの原因の一部を解消することが出来る(ROOF切除手術を同時に行う)
  • 目を大きく、目の開きを良くすることが出来る(眼瞼下垂手術を同時に行う)

2.手術後の腫れの期間と落ち着くまでの期間

部分切開と全切開法でそれぞれ期間が違ってきます。また、全切開法でも内部の処理によって腫れの度合いが違ってきます。以下ではよく行われている全切開法の場合について解説していきます。

2-1.全切開法の場合

手術後の腫れの程度は「めちゃくちゃ太い二重」位の腫れになります。時と場合によりあまり腫れない場合もあるのですが、かなり腫れると思って手術を受けた方が良いでしょう。

大きな腫れは1-2週間で落ち着きます。腫れの70%が落ち着くようなイメージです。残りの腫れに関しては手術後1か月目でかなり落ち着いて90%は腫れが引きますが、完全に落ち着いて、希望のラインになるには3か月ほどかかります。

二重 切開

ですので、お休みは最低1週間は必要です(抜糸も5-6日目に必要)、出来れば2週間あった方が良いです。しかし、抜糸が終わればメイクができますので腫れや内出血をごまかしやすくなります。

また、1カ月経った時点でも希望のラインよりもまだ太いラインである事が多いです。焦らずに待ちましょう。

2-2.部分切開法

部分切開の場合そこまでの大きな腫れではありませんが、手術後数日は外を出歩くのは難しいでしょう。また、縫った糸もついています。

1週間で大きな腫れは引きますが、完全に落ち着いて予定のラインになるには1カ月ほどかかります。

お休みも1週間ほどあった方が良いでしょう。

3章以下は主に「全切開法」について解説していきます。「部分切開法」についてより詳しくご覧になりたい方は「部分切開法」の特徴・向いている人・他の二重手術との比較」をお読みください

2-3.腫れを少なく抑えるために出来る事

切開法で腫れるのはしょうがないのですが、手術後のケアで腫れを少なくする事ができます。逆に初めに大きく腫れてしまう人は、その後の腫れも長引いているような印象があります。

  • まぶたにキレイなガーゼ等を当ててアイスノンで冷やす
    手術後早期は出来るだけ冷やした方がいいです。ただし、少し冷たいくて気持ちいい程度で大丈夫です。冷やし過ぎると逆に腫れる場合があるようです。
  • 頭は起こしておく
    お休みするときでも顔は心臓よりも上にあった方が腫れにくいです。座って休むか、寝る時は枕を高めにしてみてください
  • 体を温めない
    アルコールや入浴は身体を温め血流を良くします。アルコールは1週間、入浴で体を温めるのは数日は控えましょう
  • 安静にする
    手術が終わっても目だけの手術なので体は元気です。だからと言って動き回ると腫れますので安静にして過ごしてください

3.傷の程度と落ち着くまでの期間

傷の治り方は人によって様々ですが、まぶたの傷は他の場所の傷よりもキレイに治る事が多いです。二重のラインと同じ位置に傷跡ができます。

全切開 傷跡

まず、施設にもよりますが、手術後5-7日で縫ってある糸を取ります(抜糸)。その後、1カ月ほどは「赤みが出る」「傷が盛り上がる」「硬くなる」ことがあります。

3か月から6カ月で落ち着いて二重のラインとなじむ方が多いです。さらに1年ほどかけて皮膚のしわの様になじんでいきます。

しかし、全員がキレイな傷跡になるわけではありません。医師の技術にもよりますが、同じ医師が手術しても人によって傷のキレイさが違う場合があります。

傷口に関しては始めのうちはどうしても気になってしまいますが、焦らずに待っていれば徐々にですが良くなってきます。すっぴんでは気になってしまうかも知れませんが、ほとんどの場合はメイクで目立ちにくく出来ます。

仮に修正を希望する場合でも最低6カ月は待った方が良いでしょう。

4.その他の回復期間

腫れが我慢できればその他の回復期間に起こる事はそれ程気にならないと思います。主には内出血と痛みです。

・4-1・内出血の程度と期間

内出血は必ずと言っていいほど出ます。全切開法では内出血の程度はまぶたが全体的に赤紫色になるような感じです。もっと少ない場合もありますが、そのように考えていてもらうのが良いと思います。腫れの様に長引くことはありません。1-2週間で消えてしまいます。また、抜糸後はメイクも出来ますので腫れや内出血をある程度隠せます。

・4-2.痛みの程度と期間

切開なので痛いのではないかと思うかも知れませんが、初めの数日間ジンジンするくらいです。あまり気にならないと思います。通常はクリニックから痛みどめが出されますので、それで対応できると思います。もし、出なかった場合は市販のロキソニンなどでも大丈夫です。

・4-3.知覚が低下する事がある

切開した部分のまつ毛側が鈍くなることがあります。不便に感じる事もないでしょう。3か月ほどで回復します。

5.体験談

私が頂いたお声のうち、経過についての部分を抜粋します。

  • 手術の直後には腫れと痛みが結構ありましたが、翌日には痛みが大分ましになっていて、思ったよりも早く驚きました。
  • ダウンタイム(回復期間)は少し腫れが長引きます
  • 予想以上に腫れが大きく、2,3日後は目の周辺がむくみ腫れましたが、顔に冷却シートを貼り次の日には解消されました。抜糸をするまでは少し腫れが気になるかも知れませんが、徐々に腫れが引きました。
  • 先生に腫れが強い方だと言われたけど、自分的にはあまり気になりませんでした。

6.リスクや失敗について

内出血や腫れはどうして起きてしまう事ですが、手術後に完全に落ち着いてからも以下のような事が残っている場合があります。まずは手術をした担当医に相談して下さい。なぜなら、二重の切開法は医師によって細かい手術操作に違いがある手術ですので、担当医が傷の中の状態を一番わかっています。ですので、他のドクターに相談するにしても担当医に手術の内容をしっかり描いた記録をもらうようにした方がベターです。

・6-1.傷跡が目立つ場合がある

傷跡はあまり気にならなくなることが多いのですが、たまに目立つ傷跡が残ることがあります。医師の技術、体質、術後のケア(傷をいじっているときたなくなる)によります。

皮膚に余裕があれば傷を切り取って修正する事も可能ですが、二重幅が変わる可能性があります。

・6-2.左右差が出る場合がある

左右全く同じと言うのは困難ですが、目立つ左右差が出ることがあります。医師の技術によりますが、予測不可能に起こる事もあります。例えば手術前は眉毛を上げるクセがあったのに二重になるとそのクセがなくなることがあります。そのような事が片方で起きれば左右差がでることがあり、なかなか予測が困難です。

左右差の修正は、広い二重を狭く修正するのは難しい手術になりますが、皮膚に余裕があれば狭い方を広げて左右差を調節できると思います。

・6-3.目の開きが悪くなることがある

目を開ける力が弱い人が、太い幅の二重まぶたを作ると、目の開きが悪くなる場合があります。その場合は眼瞼下垂の手術を行うか、医師の診察によってはあらかじめ二重切開と同時に行った方が良い場合があります。

・6-4.目が閉じなくなることがある

皮膚を大きく取り過ぎた場合や、眼瞼下垂手術といって目の開きを良くする手術を同時に行った場合に起こる事があります。少しの程度であれば3-6カ月で閉じるようになります。

・6-5.目の上がくぼむ事がある

目の上の脂肪(眼窩脂肪)を取り過ぎると目の上がくぼむ場合があります。目の腫れぼったさに眼窩脂肪が影響する割合は多くありません。腫れぼったさを取りたい場合はROOFという脂肪を取ります。

7.切開法を行った後の修正

6章で解説したそれぞれの場合について修正出来る場合とできない場合があります。修正までには基本的に最初の手術から6カ月は空けた方が良いでしょう。状況により手術から時間を空けないで手術する場合もあります。

7-1.傷口が気になる場合の修正

傷口は徐々に目立ちにくくなるので、傷口が気になって修正したい場合でも最低6カ月は待った方が良いでしょう。

皮膚に余裕があれば、傷口を切り取って再度縫い合わせる手術を行います。もしも皮膚に余裕がないと目が閉じにくくなってしまいます。

7-2.左右差が気になる場合の修正

狭い方を広げて調整するのであれば、皮膚を少し切り取るだけで比較的簡単に可能です。広い方を狭くするのは少しやっかいな手術になります。もちろん出来ないことはありません。

その他、黒目の大きさが違って見えたりするのは二重のラインと言うより、目の開き具合の問題ですので、眼瞼下垂の手術や調整が必要です。

7-3.目の開きが悪くなった場合の修正

これは目を開ける力の問題になります。追加で眼瞼下垂手術を行った方が良いでしょう。

7-4.目が閉じにくくなった場合の修正

6カ月待っても目が閉じにくい場合は二重の食い込みを緩めたり、同時に眼瞼下垂の手術を行っていれば、それを緩めたりする手術で対応します。

8.まとめ

二重まぶたを切開で作る方法とリスクについて解説しました。二重まぶたは奥が深く、他の手術との組み合わせもあるので、全てを解説できたわけではありません。しかし、かなりの部分を解説しましたので、ご自分に合った方法かどうかを考える手段になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二重まぶた整形メール無料相談実施中

キレイの教科書を運営している高野です。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。

当医院では現在メールによる無料相談を実施しています。

  • ・二重整形に興味はあるけど、失敗やリスクがないのか不安

  • ・きちんと希望のラインになるのか不安がある

  • ・手術後にどれくらい仕事に影響があるのか知りたい


もしあなたが、手術前に気になることがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。
*ホームページから無料メール相談も受け付けております。

二重まぶた整形メール無料相談

美容外科の選び方 : 最高のクリニックに出会うための8つのポイント

医師が教えるキレイの教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

one + 6 =

▼無料メール相談で不安や疑問を解消!▼
無料メール相談で不安や疑問を解消!