美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位

フェイスリフトで頬を引き上げる手術・糸・レーザーのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フェイスリフト

頬やフェイスラインのたるみとシワでお悩みの方の中には、美容外科で行える「フェイスリフト」の治療に興味があるという方が多いのではないでしょうか。

フェイスリフトと一言でいっても、その方法は何種類かあり、それぞれ効果や持続期間、治療後の回復に必要なダウンタイムが異なります。

実際に多くのクリニックが、それぞれいろんな治療法を行っているため、どの方法が本当に効果が出るのか、自分に合った方法はどれなのかが分からない…という方が多いと思います。

そこで今回は、お顔のたるみを改善するための「フェイスリフト」について、治療法の種類や、それぞれの効果とリスク、ダウンタイムなどを詳しくお教えしていきます。

また、お悩みの内容別に、おすすめの治療法をご紹介しますので、このページを読めば、あなたの悩みに合った治療法がお分かりになるでしょう。ぜひ参考にして下さい。

目次

1.フェイスリフトの方法と種類

フェイスリフトには切る方法、糸によって引き上げる方法、フェイスリフトとは言えないかも知れませんがレーザーなどで引き締める方法があります。その中でも、色々な種類があるので非常に分りにくいと思いますが、出来るだけ分りやすく説明していきます。

まず、切るフェイスリフトの方法は多数ありますが、方向性としては2つあります。6時間くらいの大掛かりな手術で大きく切って1回でできる限りの効果を得るという考え方の手術。もう一つは、3時間程度の手術で効率よく引き上げ効果を得ようとする考え方です。(⇒2章:切るフェイスリフト)

フェイスリフト 手術方法

糸によるフェイスリフトには、コメカミに固定して引っ張り上げるタイプと固定をせずに引っかけておくタイプのものがあります。また、糸の種類でトゲと付いているタイプと付いていないタイプがあります。(⇒3章:糸で引き上げるフェイスリフト手術、4章:糸を引っかけておくだけのフェイスリフト)

フェイスリフト 糸 比較表

2.切るフェイスリフト手術

フェイスリフト手術と言うと頬のたるみを切って引き上げる手術を指すことが多いです。頬と言ってもどの辺りか分らないと思いますので下の図を見てください。切るフェイスリフトで引き上げるのは頬(下顔面)や首がメインになります。

フェイスリフト

指でこめかみ辺りを引っ張り上げると、下顔面も中顔面もきれいになります。しかし、手術でリフトアップする場合は、中の構造が違うので指で引っ張るようにはならないのです。

2-1.フェイスリフト手術の効果

寝ている状態で正面を向いて鏡を見てください。たるみが取れていると思いますが、フェイスリフト手術で目指すのはその状態です。

指でコメカミ辺りを引っ張って1cm位引き上げている状態になりたいと言う人がいますが、残念ながらそこまでは難しいです。なぜなら、実際にたるみはそこまで起こっていないからです。

顔が老化して見える理由は、大きくは以下の4つになります。たるみだけで起きているわけではないのです。

  • ボリュームの変化

お顔の中でもボリュームが増えてくるところもあれば減ってくるところもあります。例えば頬骨の下はボリュームが減って来て、頬がこけて老けた印象を与えます。

  • たるみ

実際に顔のお肉が下へ移動する事です。このたるみだけで老化が起こっているような印象を持つことが多いのですが、たるみだけで老けて見える訳ではないのです。

  • 皮膚の老化

年齢とともに皮膚のハリがなくなってきます。これ自体も顔が下がったような印象を与えます。

  • 骨の変化

年齢とともに骨が吸収されてなくなってきます。上あご、あご、エラの部分が小さくなり、たるんだ印象を与えます。

指で皮膚を引っ張ると、たるみが解消され、ボリュームの変化が無くなり平坦な状態になり、皮膚もパンと伸びます。しかし、フェイスリフト手術ではたるんだ分を解消するだけなので、そこまでの効果ではないのです。また、皮膚も切って引き上げますが、だからと言ってそれほど皮膚の張りが改善したり皮膚自体が変化するわけではないのです。

効果の時間的な変化

フェイスリフト手術は直後の効果が一番高く、3か月くらいで落ち着いてきて出来上がりと言えます。その後は徐々に老化していくイメージです。

リフトアップ 整形 引き上げ効果

よく、手術前と1週間後を比較して「こんなに引きあがりました!」と言う宣伝を見かけますが、それは数か月の間なので効果とは言いがたいです。騙されない様にして下さい。フェイスリフト手術の効果は少なくても3ヶ月以降の写真で比べて下さい。

2-2.フェイスリフト手術の種類

フェイスリフト手術にはいくつも種類があります。SMAS(スマス)法、サブSMAS(サブスマス)法、SMASectomy(スマセクトミー)、LateralSMASectomy(ラテラールスマセクトミー)、ligament(リガメント)法などと表記していると事があります。細かく分けているとキリがないので分りやすいように2つに分類しながら解説します。

小さめのフェイスリフト手術と大きめのフェイスリフト手術がある

  • 控えめで効果はそこそこで、リスクの少ない方法(LateralSMASectomy法など):手術時間3時間前後のもの

できる限り最小のダメージでそれなりの効果を求める目的で行われます。老化は止めることはできないので、3-5年位老化を止めて若い状態を維持しようとするイメージで、リスクやダウンタイムも少ない。また、数年後にやろうと思えば2回目も可能です。(5年経てば元通りと言う訳ではなく、手術したことによる効果はずっと続きたるみにくくなっています)

この場合は、糸の手術や脂肪吸引などの他の手術と組み合わせて効果をアップさせる方法を用いる事もあります。

  • かなり大きめの手術でより大きな効果、持続性を求めるもの(Ligament法など):手術時間5-6時間のもの

1回の手術で出来るだけ大きな効果を長期間に渡って持続しようとする方法。効果が大きい反面、ダウンタイムやリスクも大きくなる。2回目の手術はかなり難しい手術になります。7-8年老化を止めて維持しようとするようなイメージです。(8年経てば元通りと言う訳ではなく、手術したことによる効果はずっと続きたるみにくくなっています)

上記のSMAS法などの名前の付いている方法も手術する医師によって範囲が違ったりするので、ホームページからではどちらの方向性に分類されるかは一概には言えないのです。手術の時間もかかり難易度もやリスクも高いので行っているクリニックも限られます。

この他にも1.5時間くらいで終わってしまうような、最小範囲のフェイスリフト手術を行っているクリニックもあります。効果や持続期間に不満が残るかも知れませんが、繰り返し行う事も可能です。

2-3.フェイスリフト手術の経過

腫れや内出血が出る

手術後はフェイスバンドで1-2日圧迫して過ごします。しないところもあるようですが、行った方が腫れや内出血の程度は少ないです。

1-2日してフェイスバンドを外しても、1週間は家にいる時や寝ている間はフェイスバンドをして頂く方が腫れの予防になります。

1週間後に抜糸が必要

1週間後に抜糸が必要です。クリニックの指示に従ってください。

1か月間は強い効果だが、3ヶ月でなじんでくる

フェイスリフトは直後から1週間目が強い効果です。その後はどうしても戻ってきます。これは経過としてどうしようもありません。全く元通りになる訳ではないので安心してください。

しびれが2-3ヶ月続く事がある

フェイスリフト手術は皮膚を一度剥がします。剥がした部分は一時的に感覚が鈍くなることがあります。しかし、数か月で元に戻ります。

2-4.フェイスリフト手術のリスクと失敗

傷が目立つことがある

耳の前や耳のふちに傷を作りフェイスリフト手術を行います。シワのようになってほとんど目立たなくなる方もいれば、硬い傷として目立つ場合もあります。修正するには再度切って縫い合わせます。

妖精耳のように耳たぶがなくなることがある。

引き上げた皮膚に耳たぶがひっぱられて下に伸びてしまう事があります。フェイスリフト耳と言ったり、海外では妖精のような耳(pixie ears)と表現されます。皮膚を切り取り過ぎない、手術中に耳の土台を固定するなどの予防策がとられます。

もし、起こってしまった場合は再度耳の部分の手術を行い修正します。

耳の穴が大きく見える事がある

耳珠といって耳の穴の前にある軟骨やそこの皮膚が、ひっぱりあげた皮膚にひっぱられることで起こります。耳たぶがなくなるほどは気になりません。

血が溜まることがある

剥がした皮膚の下などに血が溜まったり、体液が溜まることがあります。血が溜まる確率は0.2-0.8%と言うものもありますが、手術法によって異なるでしょう。

血が溜まってしまった場合は少量であれば注射器で抜く事も出来ますが、放置すると皮膚が死んでしまいますので、再度傷を開けて血を出すことがあります。

体液のみが溜まっている場合は注射器のみで抜けることが多いですが、繰り返し溜まるので1-2日に1回程度繰り返し処置が必要になります。

皮膚が死んでしまって傷になる事がある

まれなリスクですが、可能性はゼロではありません。皮膚を薄くし過ぎたり、血の塊を放置したりする事で起こりえます。また、タバコはリスクになるので手術前後は2週間、出来れば4週間はやめた方が賢明です。

もし、後に残るような傷になってしまった場合は半年後などに傷の修正をする場合があります。

左右差が出る事がある

ほとんどありません。骨格の違いなど元々左右差があるので仕方ないのですが、手術後に気にしだす人や余計に気になってしまう人がいます。

神経を傷つけると、表情がおかしくなる

手術中に神経を傷つけると顔の筋肉の動きに支障が出ます。どの場所で傷を付けてしまったによって症状に差があります。またどのような手術をするかによってもリスクは変わってきますが、「顔面神経頚枝の麻痺は1.7%で起こり、3週間から6カ月で完治する」と言う報告もあります。

永久的に残ってしまう麻痺は0.1%以下と考えられています。

参考文献:Total facelift: forehead lift, midface lift, and neck lift. Park DM.; Arch Plast Surg. 2015 Mar;42(2):111-25.

髪の毛の中を切るとハゲることがある

耳よりも上の部分の傷に関して、髪の毛の中を切って傷を目立ちにくくする方法と毛の生え際を切る方法があります。毛の中を切ると傷が目立ちにくくていいのですが、毛根に負担がかかりハゲてしまう場合があります。

この修正をする場合は違う部分の毛を移植する手術が必要になります。

2-5.フェイスリフト手術の費用

フェイスリフト手術は方法も様々で、費用も様々です。

1-2時間で終わるような手術であれば30-50万円が相場でしょうし、上記の3-4時間の手術であれば60-90万円が相場、より手の込んだ手術法(6-7時間かかるような)であれば、90万円以上が相場だと考えます。

3.糸で引き上げるフェイスリフト手術

切るフェイスリフト手術と違い、糸でひっぱりあげる方が傷も残らなくていいのですが、効果としては軽度の引き上げです。

特に糸の手術では手術後から1週間目が特に引きあがって見えますが、やはり3か月程度でなじんで戻ってきますので、手術後⇒1週間後などで評価している写真にだまされない様にして下さい。

糸のフェイスリフトには様々な糸の種類がりますが、この章ではしっかり引き上げるタイプの糸を解説していきます。

糸にはコメカミなどの硬い部分に糸を引っかけてお顔を持ち上げるタイプのものと、お顔に入れて引っかけているだけのタイプがあります。下の表で言うと、左上の「シルエットリフト」「ミントリフト」がコメカミに引っかけて持ち上げる強いタイプの糸になります。この他に「ケーブルスーチャー」と言うものがあります。
フェイスリフト 表

3-1.糸で引き上げるフェイスリフト手術の効果

シルエットリフトなどこめかみに引っかけて持ち上げるタイプの糸で、手術後3か月目の評価では、何となく持ち上がったかなと言う感じです。写真で比べると軽度のリフトアップです。

糸で引き上げるタイプのものは中顔面、ほうれい線の方にも入れることが出来ます。

フェイスリフト シルエットリフト

シルエットリフトはほうれい線の方にも向いていますが、ミントリフトは硬さが強く、ほうれい線部分が引きつれた感じが出る事がありあまり好ましくないと考えます。

切るフェイスリフトに組み合わせることや、糸のリフトに脂肪吸引を組み合わせることでより強い効果を狙う場合もあります。

3-2.糸で引き上げるタイプのフェイスリフト手術の経過

腫れや内出血が出る事がある

全く出ないこともありますが、1週間ほど腫れや内出血が出る事があります。

1週間は極端に引きあがった状態になる

直後から1週間はかなり引きあがった様に感じると思います。そうしておかないと結局後戻りしますので大きく引き上げておきます。

チクチク痛む

大きな口を開けると、口の周囲やこめかみに痛みが出る事があります。通常は1週間程度で治まりますが、1カ月程度長引く方もいます。

糸で引き上げるタイプのフェイスリフト手術のリスクと失敗

糸が出てくることがある

このタイプの糸ではまれですが、糸が出てくることがあります。この場合は糸全体かもしくは糸の一部を切り取って抜く必要があります。

糸が皮膚の下に見える事がある

糸が皮膚の浅過ぎる部分に入ってしまうと、透けて見える事がありますが、極まれな例です。糸を抜かなければ改善する可能性は低いです。

感染することがある

糸にばい菌が付いて腫れる事があります。抗生物質で落ち着く場合もありますが、結局は糸を取り出さないといけない場合が多いです。頻度としてはまれです。

3-3.糸で引き上げるタイプのフェイスリフト手術の相場

シルエットリフト

1本売りや4本売りのクリニックがありますが、片側4本(両側で8本)の値段で、11のクリニックから調べています。最安値は344,000円で、最高値は691,200円、平均395,000円でした。麻酔代金が別途になっているクリニックが多いので追加で2-3万円見ておいた方が良いでしょう。

4.糸を引っかけておくだけのフェイスリフト

効果は糸を固定して引っ張りあげるタイプよりも劣りますが、手軽に施術できるのが魅力です。手術と言うよりも処置や注射と言う感覚で出来てしまいます。

フェイスリフト

糸を引っかけておくだけのタイプにも、糸にトゲが付いているタイプと全く何も付いていないタイプがあります。らせん状に糸が巻いているタイプなど形状により他にも種類がありますが、トゲありとトゲなしがあると思って頂ければいいと思います。

スプリングリフト

引っかけておくだけのタイプであれば、一番効果の強いものがスプリングリフトだと思います。糸を強く引っかける事ができる事と、糸に伸縮性があり引きつれなどを起こしにくいメリットがあります。

糸が溶けないタイプの糸になります。ほとんどの場合、溶けなくても問題ありませんが、溶ける糸の方が繰り返し行ったり、長期的に出てくるリスクなどを考えると個人的には好ましいと思います。

溶けない糸だからと言ってずっと効果があるという訳ではありません。

費用は10クリニックのホームページから算出しました。こちらは6本の料金で値段を揃えて計算しています。最安値は342,900円、最高値は630,000円、平均は456,060円でした。

また、麻酔代金について2-3万円みておきましょう。

N-cog、3Dシルエットリフト、ミントリフトミニ

こちらも糸にトゲやコーンが付いているものになります。スプリングリフトよりも糸が細くお手軽に施術で来ます。下に費用の相場を示しますが、麻酔代金として数千円みておきましょう。

ミントリフトミニ

10本が多かったので、値段を10本に合わせています。最安値は280,000円、最高値は780,000円、平均は465,100円でした。

N-cog

こちらも10本の料金に揃えています。最安値は196,750円、最高値は540,000円(ここだけ群を抜いて高いです)、平均は249,875円でした。

ショッピングスレッド、リードファインリフト、ウルトラVリフト

これらは糸にトゲが付いていないタイプです。ですのでフェイスリフトと言う意味では非常に弱い効果です。引き上げと言うよりは、肌の下に糸を多数入れてハリを出すように考えて頂いた方が良いと思います。

非常に細い糸を頬に40-60本程度入れていきます。

詳しくは「手軽な若返り方法:リードファインリフトの実際の効果」をお読みいただければより理解が深まり、受けてみるかどうかの判断基準になると思います。

通常、両方の頬に40-60本糸を入れる場合が多いです。ネットで10クリニックより調べましたが、最安値は74,000円(60本)、最高値300,000円(100本)、平均約18万円(40-60本)でした。麻酔代金がオプションのクリニックが多いので、追加で数千円~1万円程度見ておけば大丈夫でしょう。

4-1.糸を引っかけておくだけのフェイスリフト手術の経過

スプリングリフトの経過ついては3章の「糸で引き上げるフェイスリフト手術」をお読みいただいた方がマッチすると思います。

N-cog、3Dシルエットリフト、ショッピングスレッド、リードファインリフト、ウルトラVリフトについては同じ様に考えて頂いていいと思います。

内出血が出る事がある

針を指すので内出血が出る事があります。1週間で落ち着くものがほとんどですし、上からお化粧しても問題ありません。

腫れが出る事は少ない

多少のむくみは出るかもしれませんが、大きな腫れが出る事は少ないです。

顔を動かすと痛い

1週間ほどは笑ったり、大きな表情を作ると痛みが出ます。

引き上げ効果は1か月後が出来上がり

糸を入れた直後は引き上がっていますが、お顔は元の位置に戻ろうとします。1か月後が本来の効果になって落ち着いているときです。

施術前⇒直後の写真は本来の効果ではありませんので、宣伝にだまされない様にして下さい。

4-2.糸を引っかけておくだけのフェイスリフト手術のリスクと失敗

内出血や痛みが起こるのは経過の上で仕方ないですが、その他には大きなリスクはほとんどありません。

糸が出てくることがある

まれですが、糸が出てくることがあります。出てきた場合は抜いたり、引っ張りながら切ってしまえば大丈夫です。

糸が透けて見える場合がある

非常にまれですが、糸が皮膚から透けて見えたり膨らんだりすることがあります。糸を浅く入れすぎた結果です。

この場合は糸を抜く必要があります。小さな穴を開けて糸を抜きますが、糸がうまく引っ張り出せない場合や糸が見つからない場合もあります。

めったにそのような事はないので心配はいらないと思います。

感染することがある

糸にばい菌が付く可能性があります。こちらも可能性としては非常に低いです。抗生物質の内服で治まる場合もあれば糸を抜かないと繰り返す場合があります。

5.切らないフェイスリフト:レーザーなどでお肌を引き締める治療

現在、様々な機械が出現したるみ治療として盛んに行われています。種類がかなりあるので分りにくいと思いますが大きくは3つに分類されます。

  • 高周波(ラジオ波)を使った治療で皮膚や脂肪を温めていくタイプ
  • 高周波(ラジオ波)を使った治療で皮膚の深い所や脂肪のレベルで組織を焼いてしまうタイプ
  • 超音波を使ったタイプで、脂肪・筋膜と言うところを焼いてしまうタイプ

5-1.高周波(ラジオ波)を使った治療で皮膚や脂肪を温めていくタイプ

機械名で言うとテノール、エンディメッド、エクシリスエリートがあります。全て高周波(ラジオ波)と言うものを使っており、方式がそれぞれ異なりますが、皮膚温度を40-42度程度まで、皮膚内の温度をそれ以上に上げていく事を目的としています。

この温め作用により、脂肪のレベルは引き締まり、皮膚のレベルではコラーゲンやエラスチンと言ったものが増えて肌にハリが出ると考えられています。

2-4週間に1回で合計4-5回行うのが通常のやり方です。肌の奥の脂肪のレベルは引き締まるけれども、肌はハリを出すような感じです。

5-2.高周波(ラジオ波)を使った治療で皮膚の深い所や脂肪のレベルで組織を焼いてしまうタイプ

これはサーマクールと言うものになります。

皮膚の下のレベルで60度以上の熱が入り、皮膚の深いレベルや脂肪のレベルで組織を焼いて引き締めます。

テノールなどとは違い、一気に組織を焼いて引き締めます。肌も引き締まってくるイメージです。脂肪が多くたるみがある方に向いていますが、痩せてこけている方にはテノールなどの高周波が良いと思います。

5-3.超音波を使ったタイプで、脂肪・筋膜と言うところを焼いてしまうタイプ

皮膚よりも深い場所にある筋膜(SMAS)と言うものをターゲットにしています。フェイスリフトの手術ではこのSMASを引き上げますが、超音波で焼いて引き締めてしまおうという考えです。

機械の名前としては、ウルセラとダブロが有名です。ウルセラが先駆けで有名ですが、韓国製で後発品がダブロになります。

さすがに、先発品のウルセラの方が効果も強いようですが痛みも強いようです。(パワー設定にもよります)ダブロの方が痛みも効果もマイルドですのでしっかりやりたい方はウルセラ、痛みに弱くてマイルドなものをお好みの方はダブロが良いと思います。

6.ヒアルロン酸などの注射でシワを目立たなくする治療

ヒアルロン酸を注射してフェイスリフトになる訳ではありませんが、たるんで見える原因の一つに「顔のボリュームの変化や凹凸」があります。この凹凸を修正しただけでもリフトアップしたように、若返ったように見えるのです。

ヒアルロン酸を入れる部位としては、「ほうれい線」「ゴルゴ線」「口角(マリオネットライン)」「頬」などがあります。

フェイスリフト

また、ヒアルロン酸より長持ちする「レディエッセ」と言う商品もあります。

7.まとめ

表でまとめると以下のようになります。

フェイスリフト 表

フェイスリフトでたるみの全てが解決するわけではなく、部位によって、やり方によって色々あるのがお分かりいただけたと思います。

この記事を読んで、自分の気にしているところにマッチする方法、やりたい方法を見つけて下さい。しかし、自分では分らない場合は是非美容クリニックを訪れていてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容医療の無料相談受付中

当院では大手美容外科で指導も務めてきた院長が的確なアドバイスを行っております。

以下のような方は、是非一度ご相談ください。

・クリニックによって書いてある内容が違って、何が正しいのかが分らない
・クリニックによって値段が様々で、どうやって選べばいいのか分らない
・種類があり過ぎて、どういう特徴があるのか分らない
・美容医療のカウンセリングがしたい

もしあなたが、安心して美容医療の相談を受けたいとお考えなら、ぜひ一度、無料相談にお申し込みください。
カウンセリングにてご要望をお伺いし、必ず的確なアドバイスをいたします。
*ホームページから無料メール相談も受け付けております。

無料相談・お問い合せ

美容外科の選び方 : 最高のクリニックに出会うための8つのポイント

医師が教えるキレイの教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

14 − 8 =

▼無料メール相談で不安や疑問を解消!▼
無料メール相談で不安や疑問を解消!