美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位

目頭切開手術の6つの失敗パターンと失敗を避ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目頭切開 失敗

目頭切開の手術を検討されている方の中には、失敗したらどうしよう…もし失敗したらどうなってしまうのか…という不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

手術をするからには、もちろん失敗はしたくないのは当たり前ですね。

実際には、目頭切開での失敗は、決して多くはありません。

ただし、手術をするうえで絶対に100%失敗しないということは残念ながらありません。そのため、手術の前に起こりうるリスクをきちんと理解しておくことはとても大切です。

そこで今回は、目頭切開での失敗の可能性や、起こりうる症状とその対処法を詳しく解説していきます。さらに、失敗を防ぐためのポイントもお教えいたします。

手術で起こりうるリスクをきちんと知っておくことが、失敗のリスクを最少にすることにつながりますので、手術をする前に必ず読んで頂きたい内容です。

目頭切開の手術自体の失敗と言うのは多くないと思います。手術自体は問題ないけれども、手術前の相談がしっかり行われなかったために、目頭を切り過ぎたとか切り足りなかったと言うのが多く見られる失敗です。

また、その他の理由としては、二重まぶた手術(埋没法)の様に手術前のデザインが細かく出来ると言うものではなく、目頭切開の場合は何ミリ広げると言うような微調整が出来ない事も原因の一つです。

2.目頭切開で起こりうる失敗例とその対処法

目頭切開を行う上で重要な事はしっかりとしたカウンセリングです。どれだけ目頭を広げるかも重要な点ですが、目頭切開を行うと以下の事が同時に起こります。

  • 目が近寄って見える
  • 目の横幅が大きくなる
  • 大人っぽくみえる
  • 二重のラインが広がる(目頭側のみ)

目頭切開と言う一つの事を行うだけで、上の事全てが起こりますので、手術前に十分な検討が必要です。

例えば、「二重まぶたを平行型(目頭側までラインの見える二重まぶた)にしたいから目頭切開を行ったが、目が近寄って見えるのでおかしく見えて嫌だ。」「目の横幅を大きく見せたいが、東洋人っぽい幼い感じは残したい」などは難しいのです。

2-1.効果があまり出ない

これは切る量が少なかった時に起こります。通常は追加で切り足せばさらに広げる事が出来ますが、目頭の限界を超えて広げることはできません。

ただし、1回目の手術後すぐに出来る訳ではなく、少なくとも傷が落ち着いてくる3か月目以降が良いでしょう。

2-2.目頭の形が不自然になってしまう

手術の方法にもよりますが、切り過ぎると目頭の形が元々の形と変わってきますので、違和感を感じる事も多くなります。

手術後に目頭の形が気になる場合は、修正手術で元に戻す必要がりますが、手術後すぐには傷への負担があり難しいので、少なくても3ヶ月は空けてからの再手術を考えた方が良いでしょう。

2-3.目が寄りすぎてきつい印象になってしまう

目を大きくしたいから目頭切開をする、二重まぶたのラインを平行型にしたいから目頭切開をするという風に考えている方がいますが、目頭切開をすると目が近寄って見えます。

ですので、目を大きくするのは良いのですが、出来上がりの全体的なバランスを見ることが重要です。

目が寄り過ぎてしまった場合は修正手術をするしかありません。この場合も初回手術から3か月以上は空けてから行った方が良いです。

2-4.目頭のピンク色の部分が不自然に見えすぎてしまう

目頭を内側にひっぱっていただくと、赤い部分が見えてきます。涙丘と言う部分です。西洋人と違ってこの赤い部分が完全に見えていると違和感を感じることがあります。これも目頭を多めに切開するほど見えてきます。

やはり、涙丘と言う赤い部分をなくす事は出来ないので、修正手術で目頭を元に戻す方法で対応します。

目頭切開 涙丘

2-5.傷跡が盛り上がって目立ってしまう

傷跡が盛り上がって気になる事があります。あまりにひどい場合はステロイド注射で小さくすることもありますが、多少の盛り上がりであればフラクショナルレーザーで平坦にしていきます。手術直後から行うのではなく、6カ月ほど様子を見てから行います。

2-6.傷跡の赤みが残って目立ってしまう

基本的に傷の赤みはなくなっていきますが、まれに赤みが残ってしまう場合もあります。このような場合はレーザー治療(ダイレーザーなど)で対応しますが、目に近い部分であり行っているクリニックは限られるでしょう。赤みが気になる場合も6カ月は待って施術を行います。

3.失敗の可能性を最少にするための注意点

失敗の種類を見ていくと、切り足りなかった例や切り過ぎた例が多い事が分ります。これは手術自体に問題があると言うよりも、事前にどれくらいの幅で切開するのかを十分に相談し、考える必要があります。

また、目頭切開の効果には目頭を大きくすると言う以外にも以下の様な効果がありますのでそれぞれの効果についてよく考える必要があります。

  • 目が近寄って見える
  • 目の横幅が大きくなる
  • 大人っぽくみえる
  • 二重のラインが広がる(目頭側のみ)

ドクター選びは慎重に!

しっかりとカウンセリングしてくれるドクターを選ぶ事が何よりも重要です。カウンセリングも短く、上記のような説明がないドクターは避けるべきでしょう。

カウンセリングで自分の希望をしっかり伝える

目頭の幅を㎜単位で微調整する事は不可能ですが、切り過ぎや切り足りないという事を避けるために、どれくらい広げたいのか、どの様にしたいのかの希望はキチンと伝えてください。

4.万が一失敗した際の修正方法と時期

目頭を切り過ぎた場合や切り足りなかった場合

再度手術で修正する事になります。しかし、初回の手術から間もない間は傷への負担が大きくなるので少し時間を空けた方が良いと考えます。

初回手術よりも3ヶ月は空けて修正手術を行います。

傷の盛り上がりが気になる場合

基本的には徐々に目立ちにくくなってきます。6か月を目途にフラクショナルレーザーで治療を開始します。

傷の赤みが気になる場合

手術後は傷に赤みがありますが、徐々に引いてきます。まれに6カ月ほど経過しても赤みが残っている場合があります。このような場合はレーザー治療(ダイレーザーなど)で良くなることもありますが、目の近くなので処置を行っているクリニックも限られるでしょう。まずは手術を行ったクリニックで相談しましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?目頭切開は手術自体の失敗と言うよりもどの様にしたいかという事がしっかり伝わらず、ドクターサイドもどの様になるかをしっかり説明しなかったために起こる事が多いです。ですので、手術を受ける際はしっかり考えて、しっかりカウンセリングしてくれるドクターを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目頭切開手術の無料相談実施中

当院では目頭切開をZ形成法で行っております。

・二重手術など目の周りの手術経験豊富な院長がカウンセリング~手術まで行います
・無理に手術を進めることはありません


もしあなたが、安心して目頭切開の施術を受けたいとお考えなら、ぜひ一度、無料相談にお申し込みください。
カウンセリングにてご要望をお伺いし、必ず的確なアドバイスをいたします。

*ホームページから無料メール相談も受け付けております。

無料相談・お問い合わせ

美容外科の選び方 : 最高のクリニックに出会うための8つのポイント

医師が教えるキレイの教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

14 + fourteen =

▼無料メール相談で不安や疑問を解消!▼
無料メール相談で不安や疑問を解消!