美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位

二重まぶた整形での失敗例と失敗しないための注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二重 整形 失敗

二重まぶたの整形は非常に人気のある手術ですが、お顔の手術となると、失敗はあり得るのか…もし失敗したらどうしよう…どんな失敗例があるのか…と、心配になってしまいますよね。

もちろん、どなたでも失敗はしたくないというのが当たり前です。

失敗の可能性を低くくするためには、手術に関する正しい情報を知っておくことが必要になります。

そこで今回は、二重の整形手術に関する失敗例とその確率、また、失敗を防ぐための注意点をご説明いたします。

受けたい手術で起こりうるリスクをきちんと知り理解しておくことで、まずは手術を受けるかどうかの判断ができますし、失敗のリスクを最少にすることもできます。

二重整形を検討中の方はぜひ読んでください。

二重まぶた整形については埋没法と切開法の大きく分けて二通りがあります。それぞれに、共通する失敗もあれば全く別物もあります。

今回の記事では、埋没法と切開法で分けて解説していきたいと思います。

1-1.埋没法の場合

埋没法とは糸をまぶたの中に埋め込む事により、二重のラインを作る手術です。お手軽にでき、整形の中でも人気の手術の一つです。

失敗の確率は医師の技術にも左右されます。埋没法の手術を受けた方を追跡するのが難しい事から正確な確率は不明ですが、おおよその数字が分る部分は解説していきます。

1-1-1.希望の二重幅にならない、左右差が出る

埋没法で大きなズレや左右差が出る事はほとんどありません。

しかし、たまに左右差や希望のラインにならないという事も起こりえます。原因としては以下のようなものがあります。

  • 手術前のシミュレーションや手術技術に問題がある
  • 特に目を開ける時に眉毛を持ち上げて目を開ける癖がある方
  • たるみの多い方

二重幅は眉毛の持ち上げ具合によって変化して見えます。眉毛を上げると二重幅が広く見え、眉毛を下げると二重幅が狭く見えます。このように、手術前後で眉毛の持ち上げ方が変わってしまうと、手術前の予定と違うラインになってしまいます。

埋没法 失敗

対処法:再度埋没法を行う事で解決します。

・1-1-2.腫れが引きにくい

埋没法の腫れは比較的早く引きます。腫れた場合でも1週間で大部分は引いてきますが、数週間腫れが持続する場合もあります。

たとえ長引いた場合でも、腫れであれば必ず引くので待ちましょう。

もし、1カ月待っても希望のラインにならない場合は腫れではなく、二重のライン自体が違っている可能性や糸の影響で目の開きが悪くなっている可能性があるので手術を受けたクリニックに相談しましょう。

埋没法 失敗

対処法:1カ月経っても改善しない場合は腫れではなくそもそものラインが違っている可能性があります。やり直しが必要になる場合が多いです。

・1-1-3.二重が取れてしまう

埋没法のラインはいずれ緩んできてしまいます。3~5年で50%がゆるんでくると言われています。正確な統計はありませんし、10年以上持っている方もいます。手術後1カ月以内に取れてしまうようなときは技術的なミスが考えられます。

前兆としては、「日によって二重になったりならなかったりする」「二重幅が狭くなってくる」という状態があります。

対処法:再度糸を付け直す必要があります。

・1-1-4.まぶたに糸のふくらみが見える

埋没法は糸を埋め込む時に、糸を結ばないといけません。なので、糸の結び目が出来ます。通常の埋没法ではまぶたの皮膚の下に結び目が出来ますので、人によっては目立ってしまいます。手術後1か月くらいが一番目立ちますが、6カ月ほどで改善してくる場合が多いです。

埋没 失敗

対処法:気になる場合は抜糸して付け直す必要がありますが、再度目立ってしまう場合もあります。

・1-1-5.まぶたから糸が出てくる

まれに糸が皮膚を越えて表面に出て来てしまう事があります。500人に1人くらいの頻度です。放っておいても改善しないので糸を抜糸する必要があります。

対処法:緊急ではありませんが、なるべく早くクリニックを受診し、抜糸しましょう。同時に糸を付け直すことも可能です。

1-1-6.目がチクチク痛む

まぶたの裏側から糸が出てくるとチクチク痛みます。これも500人に1人くらいの頻度でしょう。出来るだけ早く手術を行ったクリニックを受診しましょう。

対処法:明らかに糸が出ていれば抜糸が必要です。糸が出ておらず、症状も軽い場合は目薬などで様子を見る場合もありますが、繰り返す場合は抜糸した方が良いです。

1-1-7.目の疲れ、肩こりが起こったり、目の開きが悪くなる

埋没法をしたことで、まぶたへの負担が増して目を開けにくくなったり、疲れなどが出てくることがあります。頻度としては1%以下の確率です。

対処法:ほとんどの場合は1~2カ月もすれば慣れてきますが、どうしても慣れない場合は主治医と相談して抜糸をするのか、切開法で二重を作り直すかなどを決めるのが良いでしょう。

1-1-8.まぶたが赤く腫れてくる

糸にばい菌が付くことがあります。1%程度の確率で起こると考えます。この場合は大きなニキビのような感じで赤く腫れてきます。

対処法:小さい穴から膿を出して対応します。処置をすれば数日で改善しますが、繰り返して起こるようであれば一旦抜糸をした方が良いです。

1-2.切開法の場合

切開法とはまぶたを切って取れにくい二重まぶたを作る手術です。

1-2-1.傷跡が目立つ場合がある

傷はどうしても出来てしまいますが、半年から1年で目立ちにくくなります。しかし、中には傷が目立ってきれいにならない方がいます。手術の問題や、手術後に自分で触り過ぎるのも傷を悪化させます。

対処法:傷になっている部分を切り取って再度縫い合わせます。二重のラインが変化する可能性があります。

1-2-2.左右差が出る場合がある

埋没法よりも左右差が出る事が多い手術です。特に目の開きを良くする「眼瞼下垂」の手術を同時に行った時に出る事があります。

対処法:気になるほどの左右差が出てしまった場合は再度手術する事で修正します。皮膚を切り取る程度の腫れの少ない手術で済む場合から、再度根本的に手術をやり直す場合まで様々です。

1-2-3.目の開きが悪くなることがある

目の開きがもともと悪い方に切開のみを行った場合や、広すぎる二重幅でラインを作った場合に起こります。

対処法:もともとの手術の時に眼瞼下垂の手術(目の開きを良くする手術)を同時に行うべきでしょう。起こってしまった場合は眼瞼下垂の手術を追加で行った方が良いです。

1-2-4.目が閉じなくなることがある

切開法の時に皮膚を切除し過ぎた場合や、眼瞼下垂の手術で目を開き過ぎた場合に起こります。目を閉じても薄目を開けているような状態です。

対処法:手術後半年ほどして改善してきます。皮膚を切除し過ぎた場合には改善が難しいです(皮膚移植など特殊な方法もあります)。

1-2-5.目の上がくぼむ事がある

手術の際に脂肪(眼窩脂肪)を取り過ぎた場合に起こります。脂肪を取ればスッキリすると言う広告を目にしますが、実はそんな事はなく、当てはまらない人の方が多いです。

対処法:気になる場合は凹んでいる部分に脂肪注入で対応します。

2.修正や再手術の方法と時期

それぞれの状態によって変わってきますが、一応の目安を解説します。

2-1.埋没法の場合

腫れやラインの違い、左右差は手術後1カ月は様子を見た方がいいでしょう。1カ月経っても改善しない場合は修正が必要です。

また、糸がゆるむ、糸が出てくる、チクチクする、赤く腫れるなどの場合は症状が出てきたときにクリニックを受診してください。

2-2.切開法の場合

手術後早期に目の開き具合や異常が現れた場合は1週間以内に再手術を必要とする場合があります。

その他の場合は、3~4か月は待って完全に腫れが落ち着いてから再手術します。

3.失敗しないための注意点

・自分の理想やなりたい形を医師にはっきり伝える

希望をしっかり伝えましょう。きちんとした医師であれば出来ること出来ない事、リスクなどを詳しく話してくれます。理想と現実実現できるラインを医師と相談しながら詰めていくのが重要です。

・その場の勢いで安易に手術を決めない

その場の勢いで手術してしまうと、思わぬ失敗につながります。

  • 思っていた料金より高いもので施術してしまった。
  • 考えてもいないローンを組んでしまった
  • 腫れないと言われて予算より高いお金を出したのに、手術したら腫れてしまった

などがあり得ます。しっかり比較検討して手術を決めるのが良いでしょう。

・自分のまぶたに合った二重幅にする

メイクの方法の変化やつけまつげ・エクステの出現により、かなり幅の広いラインを希望される方がいます。

美しい二重幅は黒目の大きさに対して2割程度と言われています。広い幅が好まれると言っても3割以下のラインがいいと思います。
二重ライン

・ドクターは自分で選ぶ

ドクター選びは重要です。万が一の事があってもきちんと対応できる医師を選ぶ必要があります。多数医師が在籍しているクリニックでは全員の技術力は同じではありませんので、カウンセリングでも信頼感のある医師を選びましょう。

詳しくは「美容外科の選び方:最高のクリニックに出会うための8つのポイント」をお読みください。

4.修正の相談はまずは手術した医師の元へ行く

初めに手術をした医師がどうしてトラブルが起こったか、どの様に対応すればよいかを一番よく分かっています。まずは、初めに手術をした医師のもとへ相談に行くのが良いでしょう。

どうしても行きにくい場合は、二重手術をたくさん行ってそうな医師に相談するのが良いです。

5.まとめ

二重まぶた整形の失敗について書いてきましたが、二重まぶた整形は満足度が高く失敗の多い手術ではありません。

まずは、初めの手術の時に信頼できそうなドクターを探すのが一番いい方法です。失敗が起こってもきちんと対応してくれることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二重まぶた整形メール無料相談実施中

キレイの教科書を運営している高野です。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。

当医院では現在メールによる無料相談を実施しています。

  • ・二重整形に興味はあるけど、失敗やリスクがないのか不安

  • ・きちんと希望のラインになるのか不安がある

  • ・手術後にどれくらい仕事に影響があるのか知りたい


もしあなたが、手術前に気になることがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。
*ホームページから無料メール相談も受け付けております。

二重まぶた整形メール無料相談

美容外科の選び方 : 最高のクリニックに出会うための8つのポイント

医師が教えるキレイの教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

1 × five =

▼無料メール相談で不安や疑問を解消!▼
無料メール相談で不安や疑問を解消!