美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位

今からできる正しく安全にバストアップを行うための全手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バストアップ アイキャッチ

ふっくらと丸みがあり程よい大きさのお胸は、女性なら誰もが憧れますよね。

今よりもっとバストアップしたいという方は多いと思います。

最近はネットや雑誌でもバストアップに関する記事をよく目にます。しかし、その内容はエクササイズ、マッサージ、ストレッチ、サプリメント、バストアップ用の下着やクリームなど…数多くの方法が紹介されていて、本当に効果のあるのはどの方法なのかよく分からないことが多いですよね。

本当に効果のある方法を知っておかないと、労力や費用ばかりかかってしまい、なかなかバストアップ効果が出ない…ということになってしまいます。

そこで今回は、現役の美容外科医が本当に効果のあるバストアップの方法をお教えいたします。

このページを読んで、確実に効果の出る方法を試して、バストアップを目指しましょう。

バストアップの方法を調べるといろいろな方法が紹介されていますが、どの方法も脂肪や乳腺、筋肉のどれかにアプローチしようとするものです。

バストアップ

 

2.筋トレによるバストアップ方法

筋トレはもちろん筋肉を鍛える事です。胸の下にある大胸筋を鍛える事によりバストアップを行います。

ただし、効果として1カップや2カップも上がるものではなく、少し大きくなったように見える程度です。

男性の胸板を想像してください。キレイなバストの形とは違いますね。ですので、少し土台が大きくなって胸が少し大きく見えると言う程度です。

2-1.筋トレによるバストアップ方法

大胸筋を鍛える様な方法になります。ムキムキにするのが目的ではありませんので、厳密過ぎなくても大丈夫です。3通り紹介しますのでどれか一つを行ってみて下さい。合わせて背中のトレーニングも一緒に行うのが姿勢もよくなり効果的と考えます。

  • 手を胸の前で合わせて押し合う

 

バストアップ1

思いっきり力を入れて押し合いましょう。1回20秒で2-3セットを2日に1回行ってください。

  • 腕立て伏せを行う

 

バストアップ5

10-15回程度行える角度でします。10-15回を1セットとして、2-3セット行います。2日に1回行ってください。

  • ダンベル

 

バストアップ3

写真は500mlのペットボトルですが、女性であっても1Kg程度のダンベルでも大丈夫だと思います。10-15回できる位の重さで調節しましょう。10-15回を1セットとして2-3セット行ってください。2日に1回でOKです。

また、合せて背中の筋トレも行うのが効果的です。と言うのも、背中の筋肉を付けて姿勢を良くした方がバストも大きく見えるからです。

 

バストアップ4

ストレッチは必ず行う

筋トレの前後には必ずストレッチを行いましょう。写真のように胸の筋肉(大胸筋)を伸ばします。10秒程度を3セットでしっかり伸ばすようにします。筋トレの前後に行ってください。
バストアップ2

3.サイズの合ったブラジャーを付ける

ブラジャーでサイズがアップするわけではありませんが、サイズの合っていないブラジャーは胸が垂れる原因にもなります。

ワコールの調査によるといつも採寸してブラジャーを買う人は14%のみで、71%の女性が自分の胸のサイズを勘違いしてブラジャーを選んでいるようです。

育乳ブラではバストアップしない

育乳ブラと言うものが流行っているようですが、フィットしているのであれば形を保つのに効果はあると思いますが、バストアップはしません。

育乳ブラとは寄せて上げて、バストアップしたように見せると言う効果はありますが、それで自然なバストのサイズが上がる事はないのです。また、育乳ブラに限らず、背中やわき肉を移動させると言うような記述を見かけますが、それは医学的に不可能です。脂肪細胞は固定されて形を保ってくれていますので、手術的に強制的な方法以外で移動させるという事は出来ないのです。

4.バストアップサプリは効果や安全性に疑問がある

バストアップサプリで有名なものはプエラリアというもので、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。その他にも、ブラックコホシュやワイルドヤム、チェストツリーなどがあります。いずれも女性ホルモンに似た成分が含まれており、バストアップするとされますが、もともとは更年期など女性ホルモンが減ってくる年代の女性の症状緩和のために民間療法として世界の各地で使用されていたものです。

確かに女性ホルモンが増えると、胸は大きくなります。例えば、女性になりたい男性に女性ホルモンを注射していくと乳腺が発達してお胸が大きくなり、女性らしい体型へと変わっていきます。

しかし、バストアップサプリは以下の理由からお勧めしませんし、効果に疑問もあります。

バストアップサプリはお勧めしない理由

・女性ホルモンに似た作用で、バストアップだけするのではない

ホルモンとは都合の良い事に胸にだけ作用するものではありません。腰、お尻、二の腕などの脂肪も付きやすくなります。

・反応に個人差があり、効果にばらつきがある。

ホルモンが作用するには血液中の濃度が重要ですが、同じ量の薬を飲んでも個人差が大きくあります。バストアップサプリではありませんが、女性ホルモンを投与した場合に採血検査でチェックすると、個人個人によってかなりの開きがあります。

これを個人レベルで管理するのは危険なのでやめるべきです。

・自分本来のホルモン量が下がる可能性がある

他からホルモンを補充すると、人間の体はもう十分にホルモンが分泌されていると感じて自分のホルモンを作らなくなる可能性があります。

使用を中止すると更年期のような症状が現れたり月経周期に異常がみられる可能性もあると思います。

・副作用が出る可能性がある

プエラリアについては貧血や肝臓の検査値に異常が出た。動物実験ではホルモンの分泌量が低下し、排卵に異常が出る可能性。(国立健康・栄養研究所http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail673.html)

その他、女性ホルモンによる副作用には以下のようなものがあります。

乳房のハリ、痛み、不正出血、吐き気、嘔吐、長期に使用すると乳癌のリスクが高まる。

・飲み続ける必要があり、ランニングコストも高い

女性ホルモンに似た物質を飲む事でバストアップする事があるかも知れません。しかし、飲むのをやめると元の大きさに戻ってしまうと考えます。それでは結局ランニングコストも高くなり、お勧めできません。

4-1.バストアップサプリの成分には危険なものもある

バストアップ サプリ

プエラリアを含んだサプリメント

ホルモンと言うのはバランスが重要で一部のみを増やせばよいと言うものではありません。プエラリアは一部の国や地域でサプリとして用いられますが、女性ホルモンが不足している女性、更年期などに用いられます。

上に示したような副作用もあるので注意が必要です。

ブラックコホシュ成分配合のバストアップサプリ

女性ホルモンに似た成分で女性ホルモンのような作用があると言われています。

しかし、ブラックコホシュには重大な副作用もあり、厚生労働省より注意喚起も出ています。(http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/060803-1.html)欧州では医薬品として販売されているものですので、個人で管理するのは危険と考えられます。

ヤムイモ・ワイルドヤム成分配合のバストアップ

安全に使用する事ができるようですが、更年期に対しても効果が少ないとなっており、バストアップもしないと考えられます。http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1451.html

チェストツリー成分配合のバストアップサプリ

安全に飲めるようですが、月経前の女性特有の症状を抑える効果はありそうですが、バストアップについて有力な情報はありませんでした。http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail487.html

ザクロ成分配合のバストアップサプリ

ザクロを使ったサプリメントでは女性モルモンが含まれており更年期障害に有効、お肌がキレイになる、バストアップできるなどとうたわれているものがあります。しかし、国民生活センターの調べでは十分量の女性ホルモンは検出できなかったという結論です。「今回の検査で検出されない程度のごく微量は含まれている可能性はあるが、効果的とは考えられない」と結論付けています。

プラセンタ配合のバストアップサプリ

プラセンタにはホルモンバランスを整える作用があり、女性ホルモンを活性化するような記述がみられます。

口から摂取する際にはたんぱく質は分解されてから吸収されますので、ほとんど意味はないと考えます。注射で行うプラセンタはお薬として認められており、肝臓の異常や乳汁の出が悪い人に使用されることもあります。(プラセンタに関して注射と内服は別です。)

大豆を使ったサプリメント

どうしてもサプリメントを試してみたい方は、大豆イソフラボンでいいのではないでしょうか?イソフラボンの必要量は1日40~50mgです。豆腐に換算すると100~150g(半丁)、納豆なら50g(1パック)です。75㎎までは摂ってもいいので、もう少し食べても大丈夫です。(大豆イソフラボンをエクオールと言う物質に変換してうまく吸収できる人と出来ない人がいます。出来る人の方が良いのですが、出来なくても意味なくはないので試してみてはいかがでしょうか?)

5.バストアップクリームはお勧めしない

ボルフィリンと言う成分が良く用いられるそうですが、これに関する医学論文は見つけられませんでした。

フランスの化粧品メーカーの開発した成分のようですが、社内レベルでの実験結果が公表されています。(http://www.neones.co.jp/cosmetics_details.html#beautybody)

まず、ボルフィリンにより培養した脂肪が増えているので、試験管レベルでの効果はありそうです。

また、社内での結果があるようです。この実験の詳細なデータが分らないので何とも言えません。

実験では30人の女性で片方のバストに56日間クリームを塗り続けた結果、2.2%のサイズアップ、塗っていない方は0.9%のサイズアップだったようです(正直誤差範囲です)。サイズアップが良好であった上位25%の女性では塗った方のバストが8.4%、塗っていない方が-2.0%であった。

以上の結果だけを見ると効果がありそうに思えます。しかし、以下の点でクリームでバストアップできるとは考えにくいです。

  • 実験の詳細が分らないので、確からしさに疑問が残る
  • 3D撮影機の計測方法だが、もちろん誤差が出る
  • 数字に関して統計による検証がなされていない
  • 2.2%のバストアップは、ほんとに微量。2.2%だと、約4-6㏄程度のバストアップ
  • 300㏄のバストであれば6カ月で約80㏄のバストアップが可能!?

300㏄のバストであれば6カ月で約80㏄のバストアップが可能と書いてありますが、そんな単純に増えていくとは思えません。そんなに増えれば癌化やしこりのようなものが心配です。人工的に狙った組織だけ(脂肪だけ)副作用なく均一に増やしていくのは現段階では不可能でしょう。

その他のクリームでもお薬が皮膚を貫いて脂肪や乳腺に作用するのは不可能に近いと考えます。

6.バストアップマッサージを試してみてもいい

バストのマッサージで女性ホルモンであるエストロゲンが増えると言う記述を見かけます。医学的な根拠はないと思います。マッサージでバストアップすると言う根拠はありませんが、無料で出来る方法なので試してみてもいいのではないでしょうか?

ただし、中にはマッサージを勧めると同時に高額なクリームや商材を同時に勧めているページもあるのでご注意ください。また、ワキや背中の脂肪をマッサージの脂肪で移動させるなんて言うのは嘘です。そんなことはあり得ません。

マッサージでバストアップできるのであれば、マッサージによる血流改善効果が多少の影響をしているのかも知れません。

分りやすい動画がありましたので、紹介したいと思います。

7.エステサロンでバストアップするのも難しい

エステサロンで行うのも基本的にはマッサージになります。マッサージ自体の効果が不明な分、そこにお金を投資するのは効率的ではないと考えます。自分で行う方がよいです。

8.美容整形でバストアップする方法

手術が必要になったり、費用が高額であったりしますが、確実にバストアップできる方法です。3つの方法があります。

シリコンバッグによる豊胸手術

シリコンバッグによる豊胸手術とは、シリコン製のバッグをお胸に入れます。手術後の痛みが大きいですが、希望の大きさにバストアップ(1-3カップ)できます。費用は60-70万円が相場です。

シリコンバッグ豊胸について詳しく知りたい方は「シリコンバッグによる豊胸手術を受ける際の効果とリスク」をお読みいただくとより詳しく分ります。

脂肪注入による豊胸手術

自分の太ももなどから脂肪を採取し、お胸に移植する手術です。脂肪の柔らかさが実現されるので一番自然ですが、仕上がりの大きさに個人差があります。目安としては0.5-1.5カップアップです。費用は50-80万円と相場に開きがあります。

柔らかく自然な豊胸:脂肪注入による豊胸手術の効果とリスク」をお読みいただくと、脂肪注入による豊胸手術に関して全て理解できます。

ヒアルロン酸注射による豊胸手術

ヒアルロン酸と言う人体に無害な物質を注射で入れていきます。お手軽に出来ますが、1年ほどで吸収されてなくなっていきます。1カップアップまでが目安ですが、1カップアップで60-80万円が相場です。

ヒアルロン酸豊胸については「医師が教える!ヒアルロン酸豊胸(プチ豊胸)の効果と注意点」をお読みください。

9.まとめ

筋トレやマッサージ、クリームなどで確実に希望の大きさにバストアップするのはなかなか難しいですが、費用をかけずに出来る事はチャレンジしてみてもよいのではないでしょうか?

クリームやサプリでバストアップが確実に安全に出来るのであれば、美容クリニックや他施設でももっと取り入れられて有名になっているはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊胸手術の無料相談実施中

当院の豊胸手術は脂肪注入をメインに行っており、4つの特徴があります。

・脂肪の処理は遠心分離法で無駄な血液やオイルを除去
・丁寧な手術で脂肪を細かく注入
・院長は脂肪吸引の手術例も豊富でキレイな吸引
・院長はシリコンバッグ豊胸、ヒアルロン酸豊胸、豊胸の修正手術の経験も豊富でなんでも相談可能

もしあなたが、安心して豊胸手術を受けたいとお考えなら、ぜひ一度、無料相談にお申し込みください。
カウンセリングにてご要望をお伺いし、必ず的確なアドバイスをいたします。
*ホームページから無料メール相談も受け付けております。

無料相談・お問い合わせ

美容外科の選び方 : 最高のクリニックに出会うための8つのポイント

医師が教えるキレイの教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

two × 1 =

▼無料メール相談で不安や疑問を解消!▼
無料メール相談で不安や疑問を解消!