美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位
美容医療の口コミ広場第1位

脇の医療脱毛を最も手軽に効果的に行うために知っておく知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頻繁に脇毛を処理するのはなかなか面倒ですよね。そこで、脇の脱毛方法に関して調べている方も多いと思います。

医療脱毛が一番いんだろうけど、高いだろうし、痛みがあるのではないだろうか、など心配なことも多いと思います。実際には脇だけであれば非常に手頃に医療脱毛を行うことも可能です。

この記事では脇の医療脱毛の一般的な紹介を行い、その後に色々な方向から脇の医療脱毛について解説します。
脇の脱毛を考えている方は、ぜひ一度この記事をお読みください。脇の医療脱毛の効果や必要な回数、痛み、費用など詳しく解説しますので、受けるべきかどうかの判断が付くようになります。

1.脇の医療脱毛を行う場合に選ぶべき機種

医療脱毛には使用しているレーザーによって種類があります。また、IPL(光)と言ってレーザーとは少し違うものを使用している場合もありますが、使用しているクリニックも少ないのでここでは省きます。

1−1.脇の医療脱毛の種類

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー 蓄熱式ダイオードレーザー
脇への効果 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆(不明な点も多い)
痛みの少なさ ☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆
向いている人 ほぼすべての人 ほぼすべての人 全ての人 痛みに弱い人
向いていない人 色が黒い人 色が黒い人 痛みに弱い人 確実な効果を担保したい人

クリニックで使用される脱毛レーザーはほとんどが「アレキサンドライトレーザー」というものと、「ダイオードレーザー」と言うものです。効果は同等と考えられています。
また、「ヤグレーザー」と言うものもあります。これは、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーに比べて痛みが強いのですが、上記の2つでは抜けにくい毛や色黒の人にも安全に使用できると言うメリットがあります。

脇の場合は、擦れる部位であり脇に黒ずみを起こしている方もいらっしゃいます。そう言った方にはアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーよりもヤグレーザーの方が安全に脱毛が行えます。

蓄熱式ダイオードレーザーは痛みが少なく脱毛が行えると言う新しいものです。それ故、効果に対する結果があまり詳しくわかっていません。

1-2.おすすめはアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザー

やはり医療脱毛と言えばアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーです。しっかりとした高い効果が確認されています。それ故に一般的で色々なクリニックで受ける事が出来ます。

1-3.色の黒い人、脇に黒ずみがある人はヤグレーザー

痛みは強くなるのですが、色の黒い方や脇に黒ずみがある方はヤグレーザーも扱っているクリニックで診察を受け、どのレーザーを選択すべきか相談するのが良いでしょう。黒い色にアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーを行うと火傷のリスクが高くなります。

1-4.痛みに弱い人、痛みが怖い人は蓄熱式ダイオードレーザー

痛みが強く不安な方は蓄熱式脱毛器で試してみるのもありでしょう。まだまだ、効果や長期的な結果の報告も少なく、オススメまでとは言えません。しかし、脇への研究結果はあり、効果が出ているようです。

蓄熱式ダイオードレーザーについてより詳しく知りたい方は「メディオスターってどうなの?効果や痛みと選ぶべき基準」をお読みください。

2.脇の医療脱毛で行うべき回数

医療機関で行う脱毛では5~6回を目安に行います。毛の濃さや状態、目的とする毛の量によっても変わってきますが、5~6回で満足される方が多いです。目安と言うのはあまり毛が生えてこなくなって、自己処理(シェービング等)を行うのが1ヶ月に1回位かなと言うイメージです。

2−1.脇の医療脱毛の効果に関するアンケート

まずは5~6回が回数の目安と覚えてください。毛の濃さや状態によって個人差はありますが、5~6回行えば多くの人で完了します。

美容外科で働くスタッフ18名に脇脱毛で満足するまでの脱毛の回数を質問したのが以下の表です。10回以上や20回などと言う回答もありますが、おおよそ5~6回で満足していると言うのが分ります。また、ばらつきが大きいので中央値を求めましたが6回と言う結果でした。

5-6回にピークがあり、10回以上の人もいます。これは5~6回やっても全く産毛も生えてこない状態にはならないからです。10回以上と答えている人は、少しの産毛でも生えてきたら脱毛している人で、美容外科に勤めているから出来る回数です。

このアンケートでは使用している機械はほとんどがアレキサンドライトレーザーと言うものです。

医療脱毛の回数や受けるべき期間、間隔については「医師が教える!医療脱毛で満足するために必要な回数と間隔」の記事に詳しくまとめていますので、気になる方は是非参考にして下さい。

3.脇の医療脱毛の値段相場と安いクリニック3選

脇の医療脱毛を行う場合の値段相場です。ほとんどのクリニックが5回コース、もしくは6回コースを設けています。

箇所 5回平均 6回平均 安値 高値
18,464円 22,157円 1000円 70,000円

大体2万円位で脇の脱毛ができます。

そして、脇脱毛が安いクリニックが以下です。

湘南美容外科 1,000円 5回
アーツ銀座・銀座ファインケア・NM新宿クリニック 10,000円 5回
優愛クリニック・シンシアクリニック 10,000円 5回

見て頂くと1万円で5回の脇脱毛ができてしまいます。かなり安いと思います。湘南美容外科では5回1000円で脇の脱毛ができます。

注意すべきはこれらの安いクリニックでは安い値段で宣伝し、来院した方に他の部位もするように勧めたり、アフターケアの化粧品をセットで販売したりする手法があるという事です。もちろん、無理やり買わされたりする事はありませんので上記の値段で脇の脱毛だけを行って来ればかなりお得に脇の脱毛ができてしまいます。

4.脇の医療脱毛の痛み

医療脱毛は一般的に痛みがあると言われます。痛みは人によって感じ方が千差万別なので一概には言えませんが、他の部位と比べるとやや痛みが出やすいと言う人もいます。しかし、麻酔クリームを塗ったり痛みに対する工夫は行う事が出来ますので、痛みが心配な人はクリニックで麻酔クリームの有無を質問してみるといいでしょう。

痛みに対するアンケートも取りましたが、2章の18名のアンケート結果を平均すると痛みに関しては10段階評価で3.3と言う結果でした。痛くなくはないがまあ耐えれるレベルと言う位でしょうか?
確かに他の部位と比べると痛みが強いですが、希望すれば麻酔クリームなど痛みを和らげる方法があります。また、脇は範囲が狭いため、照射はすぐに終わってしまいますので痛みを感じる時間も短時間となります。

医療レーザー脱毛って痛い?みんなの感想と痛み対策のすべて」をお読みいただければ医療レーザー脱毛の痛みに関して想像しやすくなると思います。

5.脇の医療脱毛のリスク

医療脱毛のリスクはヤケドがあります。エステ脱毛でも起こる事はあります。しかし、クリニックで脱毛を行っている分には万が一ヤケドを起こしたとしても適切な治療が受けられます。

施術後に一部だけヒリヒリが続く、皮膚が一部だけ赤くなって荒れているなど異常があれば施術を行ったクリニックへ連絡してください。

6.まとめ

脇の脱毛についてお分かりいただけたでしょうか?実際に金額を見てみると脇の医療脱毛がお得な値段で受けれることがお分かり頂けたと思います。

もし、脇のみで脱毛を考えているのであれば、全国チェーンである湘南美容外科で脱毛を受けるのが一番安くていいのではないでしょうか?
しかし、あくまで「脇のみ」の場合ですので、他の部位を勧められても脇だけを契約してくるのが良いと思います。なぜなら、湘南美容外科は他の部位は特別安いというわけでもないからです。それは「医療脱毛の安いクリニック部位別3選|契約時の6つの注意点」の記事をお読みいただければわかります。

脇以外で安いクリニックをお探しの場合は上のリンク記事を参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容外科の選び方 : 最高のクリニックに出会うための8つのポイント

医師が教えるキレイの教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*

16 − 12 =

▼無料メール相談で不安や疑問を解消!▼
無料メール相談で不安や疑問を解消!